2013_03
15
(Fri)22:20

第三回ウディフェスレビュー・その1

こんばんわー、残業で遅くなりましたがレビューを今から書いていこうと思いまっす。

レビューの順番は、遊んだ順なのでバラバラです。@@;


祝福-天使の品格-

こちらは、アトリエそらくじらさんのアクションRPGですね。

毎度の事ながら、そらくじらさんの作品はOPが綺麗でかっこいいです。
ss_t1.png
ステンドグラスからググーっとカメラが降りて来る感は、ゲームスタート時からその世界観に引き込まれました。

ゲーム内容は、贖罪・背信という2つの女神を操作して遊びます。
ボタン一つでキャラの切り替えが出来て、贖罪が回復重視・背信が攻撃重視になっています。

始めた時、下から出ると最初の敵が何とラスボス!(注意:水月体感)
攻撃しようとしてもすぐ消えてしまい、中々の鬼畜難度…(注意:水月は直感操作系下手です)


これはアクションだ…と言う事を開始1分で感じ取りました。

強い+ボスは瀕死になると必殺技を繰り出す為、軽く10回は死にました。

最初のボスには苦戦するものの、その後は以外にもするすると進める事が出来て、20分ほどでEDへ。

慣れてきたな~と思った所で終わってしまったので、若干やり足りなさがありますが、新作予定のCBという作品のシステムの一部を天使の品格で公開されたようなので、期待感という意味ではかなりのものになっているのではないでしょうか。

アクションが得意な人には簡単に進めるかもしれないのですが、私には結構鬼畜なアクションでして、体の至る所に力が入ってしまう作品でした(*´∀`)