2013_03
17
(Sun)16:40

第三回ウディフェスレビュー・その4

レビュー第四弾は

CookorAlive ~夕一の脱出大作戦~

こちらはヒマノミさんの短編ステルスアクションです。

冒頭で散歩していたター(鶏)が、罠に掛かって落ちた先で人に見つからないように脱出するゲームです。

視界プログラムは、私も第一作目の救いの手を。を作った時に、ラストの洞窟で山賊に作って持たせていましたのでなんだか懐かしい感覚でした(*´∀`)

こちらのCookorAliveでは、距離と角度の変更オプションがありました。
残念ながら、精密にすると動きがとても重くなってしまい、私には使う事は出来ませんでした。

普通にプレイする分には普通のままで変える必要はなく遊べると思います。
ss_chi2.png

ゲーム内容は、監視や追いかけてくる人に緑色の三角錐の視界表示があり、そこに入らないように逃げて避けて鍵を取り扉を開けて次を目指していくドルアーガ風なゲーム内容です。

しかし、何故そこに罠があったのか・落ちた先のココは何処なのか・追いかけてくる人や監視している人は誰で何の目的があってそこにいるのか…等の説明はなく、ストーリーはないようです。


ss_chi1.png

20分ほどでクリア出来ましたが、避けゲーとしてなかなか面白く、終わった時は、あ、もう終わっちゃったのか…と少し残念に。短編ステルスと書かれているので仕方ないですが。

気になったのは、規則正しく動いているかに見える監視員や追いかけ人が、1回ミスをして再スタートする際に位置がリセットされていないようで、重なったりしてしまう事と、追いかけてくる人は途中で隅っこに行くだけで簡単に隠れる事が出来る所です。
特に追いかけ人は、5,6歩進んで隅で黙ってると横を通過していってしまうので、追われてる感が無く残念。

個人的な欲を言うと、出来れば簡単なストーリーでもいいので、追われている理由なんかもあって~の脱出だと、もう少し入り込めたのになぁと感じました。

でもゲーム性は面白く、ステルスアクションを楽しめました。
私はこういう系、結構好きです。(*´∀`)