2016_01
06
(Wed)23:36


前記事に書いていたワイルド9を見ました。
 
面白かったので、思ったこととかを日記に書こうと思いました。


まず職業が各々違う人を集めたというのが最高にgood!!
マック鈴木さんの使い方が、ただの力持ちの人のような使い方で勿体ないなーと思いましたが。


で、内容については

漁師が強すぎかな…と。
これに尽きますね。
完全にバランスブレイカーでしたね(A´∀`;)

毎日あれだけの大量だと、ワイルド感は生まれないですよね。もっと飢えないと…w

個人的には後半時化になれーー!とか大雨降れ!!とか思ってみてましたけど、終始良い天気だったです。

時間が短いよね、3週間は欲しい所。

そうしたら魚取れない日とかも出てきて、料理人の干物にありがたがったり、虫を食べてたかもしれないのに。
というか、漁師がいらなかったのでは?と思う。
代わりに野草研究してる人とか?w
この野草食べれる食べれないの判断出来る人。で、漁師いないから必然的に魚取るには釣りになって
餌に魚が食い付きやすい虫を、虫君に選んでもらうとか…
で、苦労があると歌をもっと感動的に聞けてフィナーレ。。。

あと、なんで格闘ファンタジーのマンガ家さんなのか…
HP行ってマンガを見てみたけど、謎の生命体がいたりなんかファンタジー。
暗黒の空から降ってきて、お前らを踊り食いしてやるわ!みたいなこと言ってるの。
この方、本当に無人島に行って生活してきた人なのかなぁ…(´・ω・`)?
そこで得た生活を元に、リアルな無人島生活を書いてもらった方がいいじゃない…。ねぇ?
事実を基に書く小説家とかの方が面白かったのでないかと…。

でも3週間も人を借り出せるのか?っていう予算の話もありますし実現は難しいですかねぇ。
人件費を考えると、プロフェッショナルを3週間そろえるっていうのは無謀ですよね。
元料理人とか…まだ名の知れていない芸人さんとかになる…
そうするとコンセプトから遠くなりますものね…、残念です…


まぁとにかく面白かった。面白かったからこそ惜しいなぁと思うところが沢山ありました。
でもかまどを作ったり、おぉ!なるほどなぁとこうやって作るのか!とか勉強になりました。陶芸の知識も仕入れたいものですねw

とにかくアレです。
漁師さんが強すぎ。